ハピママ

hapimama.exblog.jp
ブログトップ

瑠璃色の地球

暑中お見舞い申し上げますemoticon-0157-sun.gif
皆様、お盆休みはいかがお過ごしですか?
我が家では子供たちが試合を控えているためお盆関係なく部活動があるので、
残念ながらどこにも出かけることなく、静かにご先祖様をお迎えする準備をしています。
昔はお盆休みとお正月には里帰りをして、従兄弟と顔を合わせることが楽しみでした。
今、思い出すととても懐かしく思います。

先日子供たちが部活動が早く終わり、帰ってきた途端に「カラオケ行きたい‼」というので
仕方なく連れていきました。
というのも、本当は私はカラオケは大好きなので率先していきたい方なのですが、
この日に限って調子悪くてとても歌う気にはなれませんでした・・・。

でも、たががカラオケ、されどカラオケ。
歌うことのすばらしさ(大袈裟?)、子供たちの成長、歌の歌詞が心に与える影響など、
いろんなことを再確認して、ちょっぴり感動の時間でもありました。

まず、子供たちが歌が上手になっていることへの驚き!(親ばかですね)
まぁ、それは私の勝手な思い込みにすぎないのですが。

カラオケで歌っている子供たちが自分を励ます歌ばかり選曲していることに気がつきました。
絵でも音楽でも同じですが、その時の心の状態が歌の選曲や歌い方でよくわかります。
子供の心を把握するのって、意外とそう難しくないのかもしれない、と思いました。
実は、子供って単純な生き物ですから、いろんなところで自己表現をしています。
親がそれを受け止めて察知してあげること大切なのかもしれません。

私はいつもサロンでママたちに「お子さんに歌をいっぱい歌ってあげてね!」といいます。
サロンでも必ず一曲は歌を歌います。特に童謡ですが。
なぜかというと、人は歌を歌う時、大抵は機嫌のよい時ですよね。
怒っている時に歌いたいという人はまずいません。
ママの声が大好きな子供たちは、鼻歌を歌うママが大好きです。(もちろんパパもです)
つまり、歌は心を豊かにしてくれる表現の場でもあるのです。

私はカラオケが大好きです。というより、歌が好きです。
好きな歌は、リクエストされると何回でも歌いたいぐらいです。
大好きな曲の一つに、松田聖子さんの「瑠璃色の地球」があります。
その歌詞の一部を紹介します。

泣き顔が微笑みに変わる
瞬間の涙を
世界中の人たちに
そっとわけてあげたい

争って傷つけあったり
人は弱いものね
だけど愛する力も
きっとあるはず


泣き顔が微笑みに変わる瞬間。
いろんな形がありますが、辛い中にも幸せを見いだせる瞬間であったり、
または、大変な苦労が喜びに変わる瞬間であったり、
今開催されているオリンピックでもそのような場面が多くあります。
それが多くの人々と共有できると素敵ですよね。

誰もが幸せな心を共有できるようになれば、争いの気持ちはなくなるはず。
争いを求める人はどこか心に余裕なく、弱い心を秘めているから。
そんな風に私はいつも感じています。

また、この「瑠璃色」って私の中で「澄んだ心」のイメージなんです。
勝手な思い込みですが、とても素敵に響きます。


歌っていいですね!
皆さんも苦手だから・・・などと言わず、いっぱい歌ってくださいね。
ストレス解消効果も大いにあります!

最後に・・・お誘いいただければ志賀さんはいつでも行きますよ(*^▽^*)


emoticon-0155-flower.gif次回のハッピーママの会のご案内
9月5日月曜日、市民センタ-2階こうのとり(和室)にて開催します。
10時15分から12時までになります。
お子様連れもちろんOK、ママ同士でお茶emoticon-0162-coffee.gifしにきていただいてもOKemoticon-0152-heart.gif。情報交換、悩み相談、なんでもどうぞemoticon-0115-inlove.gif

では、残りの夏休みを楽しくお過ごしください!emoticon-0157-sun.gif
[PR]
# by chikako0808 | 2016-08-13 14:30 | Comments(0)

夜空を見上げて

皆様、お元気でお過ごしですか?
近頃、日中は暑いですが夕方から涼しくて過ごしやすい日が続いていますね。
お天気もよく星がきれいに見える日は、夜お散歩しながらお買い物に行くのも
なかなか楽しい一時です。

ここのところ毎日空を見上げると、アルクトゥルス(うしかい座)とスピカ(おとめ座)
という星が夜空に輝いて見えます。この二つの星は、春の夫婦星と呼ばれるそうです。
中でも、アルクトゥルスはオレンジ色に光っていて、とても綺麗で一段と目を引きます。

昨日、駅前のお店で買い物をして出て来たら、ちょうど息子とばったり会いました。
久しぶりに2人で歩きながら、家につくまで星の話をして帰りました。

私がアルクトゥルスの話をすると、「あ、あの星は今は存在しないかもしれないけどね」
というので、「どうして?」と聞き返すと、「昔はあったかもしれないけれど、地球に光が
届くまで何光年もかかるんだから、地球から見えても今存在しているかどうかは誰にも
わからないんだよ。」

息子の話では、オレンジ色は表面温度は低いので(昔、聞いたような気もするけど・・)
今はこんなに綺麗に見えていても実際温度が低い星は消滅する可能性が高いから、
何光年もかかって地球に届く時にはないかもしれない、ということでした。
まぁ、息子の知識なのでどこまで本当のことかわからないのですが。

今見ている光は、ひょっとしたらもう存在しない星の最後の光り輝いている姿なのかもしれない、
そんな風に思うと、なんだか悲しくなってきました。

でも、今はもう消滅したかも知れない星が、最後の輝ける美しい姿をいつまでも見せてくれる、
そして、私たちを幸せな気持ちにしてくれるアルクトゥルス。
なんだか、神秘的で感動してしまいました。

人の人生も似たようなものかもしれない、などと考えながら、
久々の息子との駅からの帰る道、会話を楽しみながらの幸せな時間でした♪

そんなわけで、たまには夜空をお子さんと見てみるのも楽しいですよemoticon-0115-inlove.gif

emoticon-0155-flower.gif次回のハッピーママの会は、6月6日(月)10時15分より市民センタ-和室(こうのとり)にて開催いたします。
皆様のお越しをお待ちしております(*^^*)

emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif


emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif
[PR]
# by chikako0808 | 2016-06-04 13:47 | Comments(0)

透明なゆりかご

めずらしくマンガを買いました。その題名は「透明なゆりかご」。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
高校生で准看護婦である作者が、実際に産婦人科での様々なアルバイト体験を通して、
この世に生まれてくることの意味、生きることの意味を模索する姿が描かれています。
まさしく今、このような現実に向き合うことが求められている気がします。

生きていくには、強くたくましい心が備わらなくてはなりません。
誰もが苦しく辛い、逃げ出したい経験が一度はあると思います。
時には、若さゆえに判断を誤り、大切なことを見落としてしまうこともあるかもしれません。
でも、全てをひっくるめて、この世に生まれ生きていくことにはすべて理由があり、
意味がある。それに気づくことが大切で、実に時間がかかるものです。

私は長い不妊治療の末、やっと授かった赤ちゃんに会うことが出来なかった経験があります。
その時は自分を責め、自分の生きる意味すら見失ったことがありました。
今思えば、その経験があったから今の私がいるのだと思っています。
すべてのことは神様から与えられたもので、すべてが意味のあるものなのだ、
と思うようになり、今の幸せはその子が与えてくれたものだとも思っています。

子供を産み育てるほど尊い、時には苦しく辛い、だけど素晴らしいことは他にないと思います。
たとえ、子供が授からなかったとしても、人を育てる経験は自分を成長させる大切な過程。
人は一人で生きていくわけではないのですから、必ずとこかで育ち育てる経験をすると思います。
その経験があるから、人は人として育つのです。


久しぶりにマンガを読んだはいいのですが、内容があまりに重すぎて、
またまた久しぶりに大泣きしてしました。



emoticon-0157-sun.gif次回のハッピーママの会は5月2日(月)市民センター和室こうのとりで行います。
時間はいつもと同じ10時15分~12時までです。
GWの間でお出かけの方もいらっしゃるかもしれませんが、
ご主人さまと一緒に来ていただいても構いません。
イクメンのお悩みもお受けします!お子さんとのかかわり方お教えしますよ(^_-)-☆

[PR]
# by chikako0808 | 2016-04-24 02:11 | Comments(0)

春の宝さがし

この時期、あぜ道の土を踏みしめながら歩いていると、
足元から底知れないエネルギーが湧き出ているような、
命の芽吹く瞬間に遭遇できるような錯覚にとらわれることがあります。
周りを見わたすと、「ほとけのざ」が可憐なピンクの花をつけていたり、
「おおいぬふぐり」のブルーの小さな花がぎっしりじゅうたんのように敷き詰めていたり、
この季節は春の花ほど華やかではないけれども、
早春の力強さを所どころ感じ、散歩をしていると気持ちがワクワクしてきます。

子どもたちが小さかった頃、この時期はよく外に散歩に行き、
「春の宝さがし」をして競いました。
いつも息子がいろんな草木のお宝を見つけ出すのが一番早く、
2番目に娘、私はビリ。
子どもの目はあらゆるものがお宝に見えるのだ、と感じたことがありました。
毎日見慣れている場所でもあらためて探してみると、
こんなにかわいい形の花や葉っぱだったのか、と思うものや、
木にも香りの特徴があるのだ、ということに気がついてみたり、
普段気にもとめなかったものが輝いて見えたりしたこともありました。

何でもない日常に、宝ものを見つけられるなんて、
あのころは幸せだったなーと思い、今日も何気なく道端の宝を探しながら歩いてみました。

そんなわけで、お宝はいっぱい見つけましたが、
その中でも「のびる」の群生を見つけ、引っこ抜いて持ち帰りました。
春の匂い・・・結構強烈ですが、なんだかとても幸せですemoticon-0115-inlove.gif

これからの季節、子供と一緒に「春の宝さがし」
ふらりと行ってみてはどうでしょうemoticon-0159-music.gif


emoticon-0155-flower.gif3月7日(月)のハッピーママの会は、市民センターの場所がとれませんでしたので、
申し訳ありませんが鴻巣市社会福祉センター(鴻巣市北中学校隣り)講座室にていつものように10時15分~12時まで開催します。
よろしくお願いいたします。


[PR]
# by chikako0808 | 2016-03-06 21:02 | Comments(0)

些細なことから

この時期やるべきことは一通り終え、日々の束縛から解き放たれ心に余裕ができるからか、
些細なことだけれど、いろんなことに気づきがある。
なんというか、普段見えなかったことが見えてきたりする。
あたりまえ、と思って過ごしてきたことが、実はすごくそれはもったいないことをしていた、
ということに気づく。

たとえば…夕暮れ時、澄んだ空の色が素晴らしく綺麗であったりする。
どうして毎日見ているはずなのに、今ここでこんなに感動しているのか、
あたりまえに、こんなにすばらしい自然の中で生活していることに感謝の気持ちが溢れだす。

また、時間がある中でゆっくりスーパーで買い物をしていると、日々いただいている食材が
こんなに豊富にあるということに感動する。
いつもバタバタと必要なものだけを見て、短時間で慌ただしく購入している私は、
なんてもったいないことをしていたのだろう、と思う。
こんなに恵まれた食生活の環境で生活していることにまた感謝。

些細なことだけれど、私たちが生きていく中でどれほど感謝するべきことがあるかと思うと、
外にも普段見えていなかったことがいっぱい見えきた。

そして、当たり前に働いている人々、子どもを育てている人々が皆すごく偉く思えたりする。
それこそ、生きているだけで素晴らしい、と思う。

毎日毎日いろんなドラマがあって、出逢いあり別れあり、喜びあり悲しみあり。
生きることは忙がしく大変だけれど、一生懸命な人の姿はやっばり素敵だ、と思う。

さて、来年も良い年であってほしいが、良いことばかりではなく大変なことだってきっとある。
どんな時も日々感謝をして、しっかり確実に前を向いて生きていこう、と思う。

一期一会、この一年皆様との出逢いに心から感謝いたします。
どうぞ、素晴らしい新年をお迎えください。


emoticon-0155-flower.gif1月はハッピーママの会はお休みになります。
次回は2月1日月曜日、市民センター2階こうのとりで行います

来年も皆様にとって幸せな年でありますように、
心から願っていますemoticon-0115-inlove.gif
[PR]
# by chikako0808 | 2015-12-29 01:35 | Comments(0)